ネット副業のジャンル

ネット副業は、以前からあったお仕事ですが、最近はそのジャンルもかなりの量があるように感じます。一昔前、ライターという仕事はとても特殊な仕事に感じていました。ですが、最近はインターネットの普及に伴い、アフィリエイターのみならず、誰でも気軽にサイトを運営することができます。それが影響しているのかわかりませんが、ネットライターという仕事があります。ネットライターは、サイトコンテンツの記事書きや、SEO対策用の記事を書く仕事をしている人のことを指します。普通のライターさんとの大きな違いは、人に読ませることよりも、SEO対策を意識したライティングスキルが必要になる部分。ライターさんは、如何に人に読んでもらって、価値を提供できるか、それが大きな課題になってきます。対してネットライターは、人に読んでもらうだけではなく、Googleの検索順位を上位表示させるためのライティングをしなくてはなりません。(ネット副業は奥が深いです)そのため、ライターさんが書いた記事と、ネットライターが書いた記事では、ライターさんの記事のほうが読みやすいことが多いでしょう。しかし、多少読みにくいと感じるネットライターの記事のほうが、Googleに高く評価されるのです。良質な記事を書いているだけで、Googleで上位表示されるのが、本来の形だと思いますが、検索というのは奥が深く、誰でも使いやすくするのは、大変な技術が必要になります。ネット副業とGoogleは密接な関係にありますが、そのほとんどが一方通行なのが現状。サイトを作る全ての人は、Googleの支配下にあると言っても過言ではありません。Googleに大きなアップデートが起こると、簡単に順位は入れ替わります。アフィリエイトをしているとわかると思いますが、検索で上位表示されるほど、収入が爆発的に増えてきます。なので、ネット副業をするときは、Googleを意識することを忘れていけません。如何にGoogleに高く評価されるコンテンツを作ることができるかどうか、それが問題になってきます。

FXとバイナリーオプション 負ける人の共通点

FXとバイナリーオプション。共にメジャーな投資として1時代を築いたといっても過言ではないでしょう。特にバイナリーオプションは投資のルールが単純明快な為主婦を中心に非常に人気です。しかしネットを見るとFXもバイナリーオプションも非常にリスクが高いという論調で展開してる個人サイトが目立ちます。確かに何も考えずにチャートの分析もせずに投資をすればそれはただのギャンブルになってしまいます。バイナリーオプションも2者択1の面から丁、半のようなギャンブルと捉えてる人もいるかもしれません。実際この二つの投資を危険だと書いてるホームページを見ると管理人が二つをギャンブルとしか見れてないというのが現状です。FXもバイナリーオプションも為替の変動を予測する力がないといい結果は残せません。ではこの二つの投資、為替取引の変動をみると言う意味で共通しています。では負ける人たちの共通点を見てみましょう。ひとつはリスクヘッジが的確にできていない。例えばどんどん値段が下降線を辿ってるにも関わらず、きっといつかは持ち直すと楽観的にとらえてしまってる。そんな根拠の無い自信を持ってるからいけないのです。そして徐々に下がっていき結局ロストカット・・・。FXで負ける人の多くは経験してるでしょう。FXやバイナリーオプションに限らず投資は負けは小さくということを心掛けないといけません。また変に諦めがいい人もあげられます。どんなに買ってる人も全勝なんて事はありません。長期的にみて勝率4割から6割勝てれば十分儲けるはずなのに。勿体ないです。後は勉強しない人。チャート分析の勉強つまり為替変動の知識は必須です。それがないとただのギャンブルになってしまいます。あと周りの情報に左右されすぎるのも考えものです。投資に絶対のやり方はありません。よって経験を積み自分なりのトレード方法をあみ出すことが重要です。取引の度に違う事をしていては勝てるのも勝てなくなってしまいます。しつこい様ですがFXもバイナリーオプションもギャンブルではありません。その場しのぎでは駄目できちんとした戦略と知識が必要なのです。

お金儲けをしているの?


お金儲けしたいと思うのは、だれでも思うことだと思います。仕事をするのはお金儲けをするからです。だから、みんな、良い高校に行って、良い大学に行って、良い会社に入ろうとしているのだと思います。良い会社に入れば、良い給料がもらえるし、ボーナスもいいし、福利厚生もいいし、いろいろいいから、多くの人がそう考えてきたのです。しかし、本当にそれでお金儲けができるのでしょうか。それは給料や待遇などが普通よりはいいという程度のことではないでしょうか。もっともっと大金を手にしたいとは思いませんか。しかし、大金を稼ぐには何をしたらいいのかが分からないと思います。ネットでいろいろ調べると、インターネット副業は簡単にお金儲けができるという情報があふれかえっています。これらが本当なら、だれもが大金持ちになっていることでしょう。でも、みんなが大金持ちになっているようには思えません。実は、みんなは大金持ちになっているのに、私だけ知らないのでしょうか。そんなことはないと思うのですが、私以外の人たちが大金持ちになっているのだとしたら、私はどうしたらいいのでしょう。私だけが貧乏だというのなら、私以外の人たちが大金持ちになっているのだとしたら、私はこれからどうやって生きていけばいいのでしょう。そう言われてみれば、私以外の人たちは、みんなお金持ちのような気がしてきました。みんな、いい服を着ているし、みんな車にも乗っているし、みんな家に住んでいるし、みんな食べ物もおいしそうな物を食べているし、みんな家族がいるし、みんな恋人がいるし、みんなジュエリーをつけているし、みんないい靴を履いているし、みんな髪の毛が綺麗に整っているし、みんなおいしそうにお酒を飲んでいるし、みんなスマホを持っているし、みんな財布を持っているし…。こう考えてみると、私だけが貧乏であるということが証明されたことになるかもしれません。私だけが貧乏で、他のみんなはお金持ちだということがわかりました。

私もブログやっています


パソコンが誰でも持てる一般的な機器となるにつれて、ブログで自分の意見を発信する人が増えてきた。私も10年くらい前だろうか、ブログなるものを始めた。ホームページから リンクするとブログにつながる。ごく日々のありふれたことをつづっただけで大した内容ではないが、日記を書く要領でブログを書いている。読者は限られ、たまにコメントをくれるのは娘と息子だけだ。お母さんは何をしているのかなが少しわかって安心材料にはなっているだろう。

有名人のブログでお気に入りに登録して頻繁にチェックしているのはプロ棋士の渡辺明さんのブログと奥様めぐみさんのブログ「妻の小言」。二人のブログを読んでいると、羽生善治さんに並ぶような実力の持ち主の棋士が、なぜか身近に感じてくる。将棋だけではなくてサッカーや競馬にも興味を持ち行動範囲の広い渡辺明棋士と、漫画家でプロ棋士のご主人を自由自在に操って漫画の題材にまでしてしまう奥様。そんな二人とお子様の日常がつづられていて、大変興味深い。雲の上に住んでいるような人ではなかった。地に足をおろし、普通の日常を営んでいる姿もあるのだと、妙に親近感を感じ、好感の持てるブログだ。将棋に少しでも興味のある方にはおすすめのブログだ。

友人、知人でもブログを書いている人は多い。お気に入りに入れて毎日とは行かないが出来るだけ更新されるたびに読んでいる。たまにはコメントを書いて、ネット上で交流することもある。日々の出来事を書いている人が多いが、問題意識を持ち時事問題に厳しく切り込んでいる人もいる。更新の頻度はそんなでもないが、一つの記事の長さは半端ではない。きっとどこかで下書きしてからアップしているのかなと想像している。文学が好きな人は本の感想をブログで発表している。その読書量の多さにはいつも圧倒される。私も何か読んでみようかなというきっかけを与えてもらっている。

子供もブログを書いているらしいが、親には読まれたくないのだろう。アドレスはもちろんキーワードさえ教えてもらえない。まあ、いいだろう。私は私のペースで友人知人とゆるーくブログで交流しようと思っている。

アルバイトいろいろ

高校一年生の時に初めてのアルバイトをしました。市役所で事務の補助です。言われた通り文字を書いたり、コピーをしたり、書類を綴じたり、教わりながら一つ一つこなしていきました。たいしたことをしたわけではありませんが、大きなスチール製の机が私の居場所となり、何か大人になったような偉くなったような気がしてうれしかったのを覚えています。いくらもらったのかは全く覚えていないのですが、それが最初の給料でした。

大学生の時はそれこそ様々なアルバイトをしました。お金をかせぐという以上に社会経験が出来たことのほうが意義が大きかったと思います。一番効率のいいのは家庭教師です。時給千六百円は今としてもそこそこです。当時はかなりいい値段で貧しい大学生にとっては貴重な収入源となりました。教員を目指していた私は人に教えるという貴重な経験をさせてもらい、あの頃の生徒さん、おうちの方々には感謝しています。希望の高校に入ることができたと言う連絡には本当に自分のことのようにうれしかったです。

面白いバイトといえば、エキストラです。某テレビ局まで行き、プロの芸を目の前で見ることができ、こんなにいい思いをして、食事までだしてもらい、さらに二千円ももらいって申し訳ないくらいでした。公開録画というわけで、撮り直しが何回もあるのです。芸人さんは何回も納得のいくまで取り直しをしていて、これがプロだと感じました。

某有名会社の労働組合の事務のアルバイトをしたこともあります。すでに労働組合というと微妙な立場で会社側からすると何かと気になる存在なのでしょう。電話番でもどういう立場の人からかかってきたかを考えて応対しなければなりません。会議と称して某ホテルの一室で話し合いをしていたこともありました。私はそのホテルにお菓子を運びお茶をいれたのですが。一体何の相談をしていたのでしょう。会社側から悟られては困ることだったんでしょうね。現実の社会の厳しさの一面も感じたアルバイトでした。

パソコンで編集

私がパソコンを買ったのは1997年。その年からある冊子の編集を任されたのをいい機会だと思い、パソコンで編集を試みた。それまでは手書きの原稿を印刷会社に持ち込み、印刷会社が一文字ずつ活字を拾って版下を作り、印刷していた。今から思うと気が遠くなるような作業だった。一字の訂正だって結構な手間だったはずだ。

パソコンで編集をしようなんて、大きなことを思いついたけど、その前にパソコンの操作がで出来なくてはだめだ。近所のパソコンの学校へ3か月通って、ワープロソフトの基本的な操作を習った。幸い英文タイプはかなりの速さで打てるので、ローマ字入力は難なくこなせた。電動の英文タイプにも慣れていたし、ワープロも使いこなしていたつもりだけど、パソコンの機能はものすごかった。覚えることがたくさんあって、テキストを読んだだけではなんのことだがよくわからない。悪戦苦闘ではあったが、何とか一太郎を使って普通に文章を書き編集出来る段階になった。

冊子の編集にあたり、原稿が集まった先から一太郎を開いて、入力していった。自分では正確に入れたつもりでも、結構な割合で誤字脱字が出てしまう。これは一人では手に負えない。仲間の応援を頼み、現行と私がパソコンで打ち出したものを照らし合わせて攻勢をしてもらった。パソコンは文字変換が思いもよらない文字を作り出してしまうので、ときどき大笑いなんてこともあった。それでも複数の人でチェックをすると大体間違いがわかり訂正出来た。

パソコンで編集したものを印刷する段階になった。プリンタにつないでカラー印刷をしてみた。自分で入力して編集したものが段々に形になっていく。うれしかった。カラーの挿絵の色がちょっとどぎつかったが当時は色の濃さを調節できるなんてことさえ知らずに過ごしていた。印刷屋を通さずに私のパソコンとプリンタで編集印刷した冊子はなかなか好評だった。

そのうち、発行部数とページ数が格段にふえ、もう個人のパソコンで処理できる範囲を超えてしまった。そこでデータだけを私のパソコンで作り、印刷は印刷会社へ頼むことにした。

冊子づくりはすでに引退したけど、パソコンを使って編集をしたことはいい経験になっている。

NAVERまとめの紹介~切って張ってでブログ作成~


誰もがインターネットを利用し慣れ親しんでる昨今、特別なスキルが無くても工夫次第でお金を稼いでる人が増えています。どこにでもいる普通の主婦が月に100万円稼いでいても別段珍しくもないそんな時代が到来しました。ですので「私にもできるかも?」と思ってネット副業を始める人が多いんです。ネット副業の種類も様々で一番ポピュラーなのがアフィリエイトを利用したブロガーでしょうか。ただいざ始めようとするとなかなか大変なものです。ブログを載せるサイトを苦労して用意したのはいいけどネタを探すのは大変ですよね。最初はなんとか毎日書いていたけどだんだん更新は途絶えがちになりますしネタのクオリティは下がる一方・・・。最終的には「今日は何々を食べました、おいしかったです♪」なんてアイドルや芸能人でもないかぎり食いつかないような記事になってしまう。これではアフィリエイトとの収益は望めません。当然ですよね?このように普段書くネタに困ってる方は『NAVERまとめ』で稼ぐ方法を教えます。所謂まとめサイトの一種でネット上にある様々な情報を切って張る、自由に記事を組み合わせて紹介できるサイトです。書くことが思いつかないとお嘆きの方でもようは編集能力さえあればいくらでも作られるようになると思います。自分の好きな分野は誰にでもあるかと思います。アニメ、本、ドラマ、映画、音楽なんでもいいです。気になるジャンルを選んで記事を探して切り張りすればいいので無理なくできるんです。しかしNAVERまとめはアフィリエイト禁止なんです。えっ!?じゃあどうやってお金を稼ぐの?って話ですよね。NAVERまとめサイトにはインセンティブ制度があります。pv数つまりアクセス数に応じて報酬が貰える仕組みになっています。ですので面白い記事を作成すればするほど稼げるんです。確かにセンスもある程度必要ですし根気も必要ですが、通常のブログと違い一から文章を考えずにすむので文章能力が低いと考えてるかたでも始めやすいネット副業になるのではないでしょうか?

時間がある時にアンケートでお小遣い稼ぎを行っています

最近は時間がある時にアンケートのサイトを訪れる事が多くて、アンケートに答えてこまめにお小遣い稼ぎを行っています。サイトに個人情報を登録して、アンケートが到着した時に答える形式になっていて、最後まで答える事によってポイントが入って、お小遣い稼ぎになります。
サイトから提供される質問の内容に関しては、趣味などの日常的な質問が多くて、気楽に答えられる事でお小遣い稼ぎになるという事が私にとって醍醐味です。質問に答える事によって、一定のポイントが溜まったら現金や商品に交換できます。私は1つのアンケートのサイトで多くて月に5千円の収入を得る事が出来ています。お小遣い稼ぎとして生活費の足しになっている事で、お金が足りない時にとても助かっています。
提供されるアンケートに関して、一定の時間が過ぎれば締め切ってしまったり、多くの人が回答する事で締め切られる場合も多いです。従って、こまめにサイトを閲覧して、お小遣い稼ぎの為に出来るだけ早めに回答する事を心掛けています。最近はサイトでのアンケートでお小遣い稼ぎをするばかりではなくて、自宅で手書きで質問に答えて稼ぐ事も多いです。
アンケートのポイントのサイトの特徴として、事前の調査と本来の調査の区分に分かれています。稼ぐための注意点として、事前の調査で真面目に答える事が大切です。真面目に答えるほど本来の調査でポイントを大きく稼ぐ事ができて、上手く行けば1ヶ月に1万円以上も稼ぐ事が可能です。
但し、事実と明らかでない応答をしたり、事前の調査で条件が見合わない場合は本調査に行ける機会が少ないです。従って、できるだけ自分の事実を正確に答える癖を付けて、ある程度本調査に行けて、稼ぐ事ができています。
私はいくつかのアンケートのサイトに登録していて、現在ではあらゆるサイトで質問に答えています。複数のサイトで2万円以上も稼いだ事があって、頑張れば簡単にお小遣い稼ぎができるという事を実感しました。

私のインターネットの活用法

私がインターネットを使う時、仕事上で必要になった場合やニュースを閲覧する場合などの用途で活用しています。今ではインターネットで社会や経済の状況が分かる時代になったので、節約のために新聞は購入していません。ニュースや社会の情勢などは新聞などを使用しなくても、自宅にあるテレビやインターネットでリアルタイムで分かる事がメリットです。
最近は自宅でインターネットを活用しながら、有名な動画のサイトで面白い動物の動画を見たり、収入になるための仕事を行っています。動画に関しては、多くの人が投稿された動画がとても滑稽で、動画を見る楽しむ事が私の趣味の一環になっています。最近では動物の動画などを投稿した人が動物の状況などを実況したり、犬や猫の特技などを動画として見る事がとても面白いです。
私はインターネットを使って収入を得る仕事をしていて、時間を上手く利用して生活の足しになる仕事をしながらスキルなどを磨いています。現在は民間の会社に正社員として在籍しても、時代は大きく変化している中で定年まで会社にいられる保障はないという危機感を持っています。自宅で仕事をしながらもインターネットの情報を収集していて、万が一の為にお金になるスキルを身につける術を身につけている最中です。
私が働いている会社でインターネットを活用する場合、会社で遠隔のシステムなどを利用して会議を行うための用途で使用しています。画面を使って会議を展開する事で、わざわざ会社に出向く事を必要としない事が便利です。
最近ではイラスト関連の勉強を独学で行っていて、イラストの描き方などをインターネットで調べたり、書き方などのノウハウを自力で身につけています。利用する際には回線の工事などの費用が必要であったり、毎月の通信費などのお金は必要です。イラストなどの書き方の情報に関して、お金を出して本などを購入しなくても、無料で手軽に書き方のノウハウなどが調べられる事が便利です